アスリート・スポーツ選手が引退後のセカンドキャリアで成功するために


セカンドキャリア.comに訪問いただき誠にありがとうございます。

このサイトでは、大学の体育会に所属する学生、企業の実業団に所属するアスリート、個人・団体競技のプロスポーツ選手に向けて、どうすれば引退後のセカンドキャリアで現役のキャリアよりも成功を収めることができるのか、様々な側面から情報発信をしています。

昨今は、引退したスポーツ選手のその後を追うようなドキュメント番組や、アスリートの不祥事や犯罪などを取り上げる情報番組が増え、スポーツ界のセカンドキャリア問題が社会的に認知されつつあります。

また、それに伴って国(スポーツ庁)・各競技団体(プロ野球、Jリーグ、Bリーグなど)・民間企業・大学などが連携し、セカンドキャリア支援制度の整備が進んでいます。

2020年東京オリンピックも間近に迫っています。

そこで全力を出し切るためにも、アスリートはその後について”今”考えを持っておくことが重要です。

セカンドキャリア.comは、そんなスポーツ選手・アスリートが引退後を考えるための一助になれば幸いです。

 

セカンドキャリア.comがおすすめする記事一覧

アスリートが引退後に再び輝くためのセカンドキャリアの考え方

「引退後はサラリーマンに」

日本野球機構が毎年発表しているプロ野球選手のセカンドキャリアに関する意識調査で、「どのような仕事をしてみたいか?」という問いに対して2018年には調査開始以降初めて「一般企業で会社員」が1位にランクインしました。

これは近年プロ野球選手会などが民間企業と協力してセカンドキャリア支援として就職支援を充実させてきた成果であり、その支援は引退後の生活を支えるセーフティーネットとしてとても有効だと思います。

しかし、僕は社会的な人材活用の側面から考えると1つの問題だと言えると思います。

なぜなら、アスリートは普通の人にはない能力、高いライフスキル、を競技の過程で獲得してきているからです。

だから、僕はアスリートやスポーツ選手がただのサラリーマンになるのはもったいないと思うのです。

アスリートが引退後に再び輝くためのセカンドキャリアの考え方

スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアとは?言葉の意味と定義

あなたは「セカンドキャリアとは」と聞かれたらどのように答えるでしょうか?

一般的には、30代・40代でキャリアアップを目指すビジネスマン、50代・60代で早期退職や定年退職をした中高年、出産育児がひと段落した女性の再就職や転職を意味します。

しかし、引退したプロ野球選手やJリーガーなどのプロスポーツ選手や会社の実業団・大学の体育会のアマチュアアスリートにとって、その言葉はもう少し違う意味を持ちます。

なぜなら、競技スポーツの世界から社会へ出るというのは、単なる就職や転職とは違うからです。

今回は、セカンドキャリア.comにおけるスポーツ選手やアスリートの引退後の「セカンドキャリア」という言葉の意味・定義を検討し、そのあり方を考えてみたいと思います。

スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアとは?言葉の意味と定義

データからみるアスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアの現状

2020年の東京オリンピック開催に伴い、さらにスポーツ選手のセカンドキャリア問題が深刻化すると懸念されています。

そのため、国(文部科学省スポーツ庁)・競技団体(プロ野球、Jリーグなど)・民間企業(実業団)・大学など、様々な側面からセカンドキャリア支援制度の整備を進めています。

アスリートのセカンドキャリア教育の啓蒙、現役を引退するアスリートと中途採用したい企業のマッチング、コンサルタントによるキャリアカウンセリングなど、単なる就職斡旋に留まらず支援を行っています。

では、それらの支援は実際にどのようなセカンドキャリアの現状を生んでいるのでしょうか?

今回は、アスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアの現状を笹川スポーツ財団の「オリンピアンのキャリアに関する実態調査」によるデータをもとに明らかにし、今後の展望について考察したいと思います。

データからみるアスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアの現状

スポーツ選手・アスリートの引退の平均年齢から考えるセカンドキャリアのあり方

アスリートであれば必ずいつか引退のときを迎えます。

大学の体育会卒業、企業への就職、怪我などによる身体の不調、競技レベルの不一致、加齢による体力の衰え、バーンアウト、結婚・妊娠・出産などのプライベートの問題…。

このように引退年齢や引退理由は人それぞれですが、平均すると20代半ばから30代半ばだと言われています。

つまり、スポーツキャリアでいくら成功を収めたといっても、ほとんどの人が若いうちにそのキャリアから降りて、セカンドキャリアへと進む必要があるということです。

今回は、スポーツ選手の引退平均年齢から考えるセカンドキャリアのあり方として、引退平均年齢のデータ、主な引退理由について触れ、それを基に一般的なセカンドキャリアと比較し、アスリートのセカンドキャリアとはどうあるべきかを考えてみたいと思います。

スポーツ選手・アスリートの引退の平均年齢から考えるセカンドキャリアのあり方

アスリート・スポーツ選手の引退理由とは?年齢や体力の衰えだけじゃない!

スポーツ選手にとって、現役引退はひとつの人生を終わらせると言われるほど大きな決断です。

そのため、アスリートであれば誰もが現役として出来る限り競技を続けたいと願うものです。

しかし、理由は様々ですが引退の時期は必ず訪れます。

今回は、アスリート・スポーツ選手の主な引退理由についてデータや有名アスリートの実例をもとに現状を把握し、それをもとにセカンドキャリアがどうあるべきかを検討したいと思います。

アスリート・スポーツ選手の引退理由とは?年齢や体力の衰えだけじゃない!

アスリート・スポーツ選手の競技別セカンドキャリアの現状とは?

最近は、インターネット放送やBS・CSなどの有料放送も流行り、様々なスポーツを日常的に目にする機会が増えてきました。

しかし、「人気に陰りが…」と言われながらも地上波テレビで放送されているのは、メジャースポーツであるプロ野球やJリーグです。

やはり、そうなるとメジャースポーツの方が認知度は高く、マイナースポーツの認知度は低いという構図が出来上がってしまいます。

では、その認知度の差はスポーツ選手やアスリートの引退後のセカンドキャリアにどのような影響を与えているのでしょうか?

今回は、セカンドキャリアのデータを競技別に調査し、現状としてメジャースポーツとマイナースポーツに差があるのかどうかを検討し、最後にそれらを基に現役引退後のセカンドキャリアをどのように構築すべきなのかを考えたいと思います。

アスリート・スポーツ選手の競技別(プロ野球選手・Jリーガーなど)セカンドキャリアの現状とは?

アスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアにおける就職と転職の現状

スポーツ選手のセカンドキャリアというと一般企業に就職したり、元々籍を置いていた会社から転職したりというのが最もメジャーな選択肢でしょう。

最近はスポーツ界のセカンドキャリア問題を社会的な課題として考え、引退したアスリートの就職斡旋などのセカンドキャリア支援を国(スポーツ庁)・各競技団体(Jリーグ・プロ野球など)・民間企業が積極的に行うようになっています。

これらの支援は、引退後のアスリートの生活のセーフティーネットとして機能し、怪我や戦力外通告などで競技生活を絶たれた人から自発的に引退を決めた人まで仕事に就き収入を得ることは保障されるようになるでしょう。

今回は、スポーツ選手やアスリートのセカンドキャリアの就職・転職の現状として、よく選ばれている就職・転職先の企業について情報をまとめ、アスリートに向いている仕事はなんなのか、そもそも現役引退後に就職すべきなのかを考えたいと思います。

アスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアにおける就職と転職の現状

引退後にやりたいことがないアスリートへ。仕事・ビジネスのすすめ

昨今は引退したアスリートが違法薬物の所持・使用で逮捕、詐欺に騙されて破産というような犯罪や不祥事を起こす「スポーツ選手のセカンドキャリア問題」が社会的な課題として認識されるようになりました。

しかし、「引退後に特にやりたいことがない」、「引退してからのことは考えていない」というアスリートが未だに多いのが現状です。

ラグビー・陸上などの企業の実業団所属アスリートであればとりあえず引退後はそのまま会社に残って仕事をしよう、Jリーガーやプロ野球選手などのプロスポーツ選手であればとりあえず引退後は一般企業に就職しようとなんとなく思っている人が多いでしょう。

セカンドキャリア問題が起こる原因は、自分のキャリアであるにもかかわらずこの「なんとなく思っている」だけの状態で引退を迎えてしまうことにあります。

では、引退後にやりたいことがないアスリートはどのようにすればいいのか、アスリートが抱えるセカンドキャリアの現状を調査し、これまでの成功例からアスリートに向いている仕事を考え、最後にどのようなマインドセットをすれば引退後にもう一花も二花も咲かせることができるのかを考えてみましょう。

引退後にやりたいことがないアスリートへ。仕事・ビジネスのすすめ

スポーツ選手・アスリート引退後の収入事情!セカンドキャリアの平均年収は?

引退後に飲食店を開業するものの莫大な借金を背負って倒産。

引退後に就職先が見つからず派遣やアルバイト生活。

現役時代の貯金を狙われて不動産や株などの投資詐欺の被害にあい破産。

元アスリートの違法薬物の使用や暴行、強盗などの犯罪・不祥事。

これらはすべて現実に起きているセカンドキャリア問題です。

その大きなの原因の1つとして考えられるのは、スポーツ選手・アスリートの引退後のセカンドキャリアにおける収入の低下でしょう。

今回は、セカンドキャリアの収入について焦点を当て、現役・引退後の平均年収を比較して稼ぎについての現状を把握し、アスリートやスポーツ選手がセカンドキャリアでも経済的成功を収めるために必要なことを考えたいと思います。

スポーツ選手・アスリート引退後の収入事情!セカンドキャリアの平均年収は?

アスリート・スポーツ選手の引退後の生活とは?セカンドキャリアのリアルすぎる実態

最近は、スポーツ選手の社会的価値が認識され、国(スポーツ庁)・競技団体(プロ野球、Jリーグなど)・民間企業・実業団・大学など様々な側面からセカンドキャリア支援制度の整備が進んでいます。

しかし、引退後の生活に満足できている元アスリートはそう多くないのが現状です。

就職あっせんによって中途採用で会社員になれたとしても、収入を得るためだけに仕事をする毎日の繰り返し。

現役アスリート時代の刺激的な日々と比べると、退屈に感じてしまうのは仕方ないでしょう。

今回は、アスリート・スポーツ選手の引退後の生活について、極端な成功例・失敗例にはあえて触れずによりリアルな声を紹介し、それをもとにどうすればセカンドキャリアでも豊かな生活を送ることができるのか考えたいと思います。

アスリート・スポーツ選手の引退後の生活とは?セカンドキャリアのリアルすぎる実態

女子アスリートのセカンドキャリアとは?スポーツ選手引退後は1人の女性としての人生を!

女性アスリートが世界的に活躍すると共に、引退後のセカンドキャリアについて様々な問題が出てきています。

一般的に女性は、高校・大学卒業後に就職して社会人としてのファーストキャリアをスタートし、結婚・妊娠・出産を機に休職・退職をして、育児が落ち着くと共に復職してキャリアを継続するか、転職してセカンドキャリアをスタートするというのが定例となっています。

しかし、女子スポーツ選手の場合は現役引退後にセカンドキャリア(社会人としてのファーストキャリア)をスタートさせるため、結婚・妊娠・出産の適齢期と重なってしまう可能性が高くなります。

つまり、女性アスリートは、アスリートとしてのセカンドキャリアの課題と女性としてのセカンドキャリアの課題を同時に背負うことになるのです。

女子アスリートはこの特徴を理解してキャリア構築を考えること、国(スポーツ庁)・競技団体・企業はセカンドキャリア支援をすることが重要になります。

今回は、女性アスリートにとってのセカンドキャリアとはということで、一般女性と女性アスリートのセカンドキャリアの現状を比較し、どのようなセカンドキャリアを構築すべきかロールモデルを挙げて考えてみたいと思います。

女子アスリートのセカンドキャリアとは?スポーツ選手引退後は1人の女性としての人生を!

スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアにおける資格取得の価値

スポーツ選手やアスリートにとって引退後のセカンドキャリアというのは、初めて社会に出る機会となるケースがほとんどです。

そのため、「スポーツしかやってこなかったから…」という不安や「やりたいことない…」という無気力状態に陥りがちです。

その結果として、破産・不祥事・犯罪などの社会的なセカンドキャリア問題が起こり、”悲惨な転落人生”とテレビ番組で取り上げられるのです。

僕は、そのようなセカンドキャリア問題を解決するための1つの手段として資格取得が考えられると思います。

今回は、スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアにおける資格取得について、その価値とおすすめの資格、成功例を紹介し、最後にセカンドキャリアをどう生きるべきか意見を述べたいと思います。

スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアにおける資格取得の価値

セカンドキャリアは準備が大切!現役アスリート・スポーツ選手が引退前にすべきこと

スポーツ選手の引退後のセカンドキャリア問題が社会的課題として取り上げられるようになった昨今、国(スポーツ庁)や各競技団体だけでなく民間企業も独自のセカンドキャリア支援制度を設けるなど、活動が広がりつつあります。

しかし、周りが出来ることはあくまでもサポートであり、セカンドキャリアの成功・失敗の鍵を握るのはアスリート本人であることは変わりません。

未だに引退したアスリートが不祥事や犯罪を起こしたり、詐欺に騙されて破産したりなど悲惨な転落人生を送るケースは少なくありません。

これらの問題も引退後の仕事や生活といったセカンドキャリアがきちんと構築できれば、未然に防げるものでしょう。

今回は、アスリートやスポーツ選手がセカンドキャリアを成功に導くために重要な現役のうちにしておくべき準備について考えたいと思います。

セカンドキャリアは準備が大切!現役アスリート・スポーツ選手が引退前にすべきこと

スポーツ選手・アスリートの引退後のセカンドキャリア支援制度について

TBS「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」を筆頭に、スポーツ選手の引退後の生活について密着したテレビ番組が放送されるようになり、社会的にもアスリートのセカンドキャリアについて考える機会が与えられるようになってきました。

近年では、Jリーグがキャリアサポートセンターを設立(2013年廃止)したり、NPBやBリーグが民間人材紹介会社と提携してセカンドキャリアサポートを行ったり、文部科学省スポーツ庁がスポーツキャリアコンソーシアムを設立したり、多くの民間企業が元アスリートの人材紹介・採用に積極的に力を入れたりとスポーツ選手のセカンドキャリアの支援制度はかなり手厚くなってきているように思えます。

今回は、スポーツ選手やアスリートの引退後のセカンドキャリア支援制度について、そもそもセカンドキャリア支援制度とは何なのか、国・競技団体・民間企業がどのような内容で支援を行っているのかを明らかにし、現状の支援制度の問題点と未来の展望を考えたいと思います。

スポーツ選手・アスリートの引退後のセカンドキャリア支援制度について

アスリート・スポーツ選手の引退後のセカンドキャリアにおける成功例

プロ・実業団・学生問わず、アスリートは競技引退後に長いセカンドキャリア生活が待っています。

しかし、いくらスポーツ界のセカンドキャリア問題が露呈しても、「辞めた後のことは引退が決まってから考えればいい」と思っている現役アスリートが大半です。

また、「スポーツ選手として活躍できる期間よりも、人生におけるそれ以外の期間の方が長いのだから、きちんと人生設計をすべきだ」と説教をされたとしても、実際になにも行動を起こすことなく目の前のアスリートとしてのキャリアに一点集中する人の方が多いでしょう。

本当にそれでアスリートとして、人として幸せになれるのでしょうか?

今回は、スポーツ選手・アスリートの引退後のセカンドキャリアの成功例をもとに、どうすれば引退後に現役時代以上に輝かしい成功を収められるのかを考えたいと思います。

アスリート・スポーツ選手の引退後のセカンドキャリアにおける成功例

倒産・破産・不祥事・犯罪!スポーツ選手・アスリートの引退後の悲惨な転落人生

現役引退後に就職先企業が見つからない…。

競技を辞めたらやりたいことがない…。

これらの悩みは決して軽いものではありません。

しかし、スポーツ選手のセカンドキャリア問題はただ単に次の仕事が見つからないということだけではありません。

引退後に起業したものの経営難に陥り倒産。

不動産や株の投資詐欺にあい破産。

問題行動・不祥事・犯罪を起こして逮捕。

セカンドキャリアに失敗し、このような悲惨な転落人生を歩む元アスリートは決して少なくありません。

これこそがスポーツ界のセカンドキャリア問題と言えるでしょう。

今回は、スポーツ界が抱えるアスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアの失敗例を挙げ、その原因と対策を考えたいと思います。

倒産・破産・不祥事・犯罪!スポーツ選手・アスリートの引退後の悲惨な転落人生

スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアについての本・論文まとめ

TV番組で取り上げられるなど、引退後のスポーツ選手の仕事や生活「セカンドキャリア」についての興味関心が高まってきています。

またそれに伴い、アスリートのセカンドキャリアに関する学術研究論文や本もここ数年で大きく増えてきています。

つまり、スポーツ選手やアスリートのセカンドキャリアは個人的な問題ではなく、社会的な問題として扱われるようになってきたということです。

今回は、セカンドキャリアに関する調査データや考察が記されている本・論文・ウェブサイト(インタビュー・アンケート・データベースなど)を紹介します。

スポーツ選手・アスリートのセカンドキャリアについての本・論文まとめ

有名なスポーツ選手・アスリートの引退会見名言集【2019年最新版】

2019年上半期は、日本・世界のトップで活躍したスポーツ選手が数多く引退を発表しました。

これまでにイチロー選手、上原浩治選手、松本薫選手、稀勢の里関、栗原恵選手、吉田亜沙美選手、吉田沙保里選手、楢崎正剛選手、中澤佑二選手、飯塚高史選手など各競技を代表するアスリートが現役を引退しています。

引退会見には数多くの記者が訪れ、それぞれの選手が現役時代と引退後のセカンドキャリアについて考えを述べました。

今回は、2019年に引退した有名スポーツ選手・アスリートが引退会見等で残した名言をまとめたいと思います。

有名なスポーツ選手・アスリートの引退会見名言集【2019年最新版】

スポーツ選手・アスリートは引退後太る?!おすすめのダイエット法を紹介

引退したスポーツ選手をテレビ番組などで見かけると体型の激変に驚かされることがあります。

僕自身も高校の部活動引退後は、最初は筋肉が落ちると同時に体重が減少し、その後脂肪が増え体重が増加した経験がありますが、なぜアスリートは競技を辞めると激やせ・激太りするのでしょうか?

今回は、アスリートやスポーツ選手が引退後に太る原因と肥満がもたらす健康被害について解説し、痩せるためにおすすめのダイエット法を紹介します。

スポーツ選手・アスリートは引退後太る?!おすすめのダイエット法を紹介