アスリートが引退後に再び輝くためのセカンドキャリアの考え方

「引退後はサラリーマンに」

日本野球機構が毎年発表しているプロ野球選手のセカンドキャリアに関する意識調査で、「どのような仕事をしてみたいか?」という問いに対して2018年には調査開始以降初めて「一般企業で会社員」が1位にランクインしました。

これは近年プロ野球選手会などが民間企業と協力してセカンドキャリア支援として就職支援を充実させてきた成果であり、その支援は引退後の生活を支えるセーフティーネットとしてとても有効だと思います。

しかし、僕は社会的な人材活用の側面から考えると1つの問題だと言えると思います。

なぜなら、アスリートは普通の人にはない能力、高いライフスキル、を競技の過程で獲得してきているからです。

ライフスキルとは、「日常生活に生じるさまざまな問題や要求に対して、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」を意味します。

アスリートが持つ高いライフスキルについてはサッカー選手であり、実業家でもある本田圭佑さんも以下のように述べています。

アスリードで成功する人って、よく言われがちなのが才能があると。

(よく言われる)才能っていうのは、”何もやらなくてもわりと先天的にあった能力”のことを言われますがこれは間違ってるんです。

基本的にあまり変わらない。才能っていうのは。

これは僕の哲学なんですけど。

でもアスリートになった人って才能があるんです。

何の才能かっていうと、努力できる才能があるんです。

この努力できる才能は、今のサラリーマンの人たちはもともとスポーツでアスリートを目指してなれなかった人達が大体多くサラリーマンになってるわけですよ。

起業家になったり、実業家になったり。

だいたい部活動してるわけですよ。大社長とかもね。

でもアスリートになれなかった。

もちろん悔しい想いをして今度実業家で努力を続けて成功したケースもあるかもしれません。

もともとアスリートって言うのは、努力できる才能は普通の人より長けてるんです。

ここがセカンドキャリアでものすごく大事になってくる成功の鍵なんで、アスリートで成功して勘違いしなければ、継続して努力はできるはずなんです。

なので謙虚な気持ちさえ持ち続けてやれさえすれば、もともとはこの強い気持ち、根性みたいなものが人よりはあるんで業種が変わっても必ず成功します。

原理原則は、どの業種に行こうと一緒です。

僕は、概ねこの意見に賛成です。

御幣を恐れずに言えば、アスリートやスポーツ選手がただのサラリーマンになるのはもったいないと思うのです。

本題に入る前に…

さて、「セカンドキャリアについてどのような考え方をすれば良いのか?」という本題に入る前に、筆者である僕についてプロフィールを明かす必要があるでしょう。

僕は、テニススクール運営会社の取締役を務めている高田衛(25歳)と申します。

慶応義塾大学在学時からテニスコーチ・実業家として活動してきました。

テニスコーチとしては、母校テニス部を史上初の全国総体・全国選抜出場に導き、卒業と同時に選手時代に通っていたテニススクールで本格的にテニスコーチの仕事を始めました。

実業家としては、大学在学中にインターネット分野で事業を起こし、2018年末には個人事業主として月収100万円を突破しました。また、運営を手がけるテニススクールでは参入後2年連続の増益(売り上げ高1.5倍)を記録しています。

どれも実績は決して群を抜いて凄いものではありませんが、自分の哲学を貫き、考えて行動してきたからこそ、今があると思います。

セカンドキャリア成功の秘訣は「何をするか」ではなく「どう考えるか」

このページを読んでいるあなたはきっとアスリートとしていくつかの成功体験をしてきたでしょう。

では、なぜあなたはアスリートとしてここまで成功することが出来ましたか?

今一度考えてみて下さい。

もちろん、より効果的な練習やトレーニングを取り入れ、競技力を高めることは重要でしょう。

しかし、それ以前に競技力を高めようと思う「志」が全てではないでしょうか。

より高みを目指そうという「志」がなければ、より効果的な練習やトレーニングを探求することもありませんからね。

つまり、成功を収めるためには「何をするか」ではなく、「どう考えるか」が重要だということです。

あなたにとってどんなセカンドキャリアが理想ですか?

僕自身、今のキャリアを構築するまでに様々な苦悩や葛藤がありました。

「一般的に良い大学を出させてもらっているにも関わらずテニスコーチをするのか」

「将来が約束されているような道があるのに不安定な道を選ぶのか」

このような葛藤は今のあなたにも同じようにあると思います。

ただ、このような葛藤は勝手に自分がそうだと思い込んでいるだけです。

「良い大学を出たら良い会社に入らなくてはいけない!」

「将来が約束されている(と思われる)道があるならそっちに進むべきだ!」

そう勝手に思い込んでいるだけなのです。

競技でも「この相手には勝てない!」と思っていたら、まず勝てませんよね?

それと同じです。

だから、セカンドキャリアを自分の想像通りのものにするためにも、まずはどんな引退後の生活をしたいのか考える必要があるのです。

アスリートは引退後もセカンドキャリアの考え方次第で輝ける!

僕はそのような考えるきっかけや考え方をあなたに伝えたいと思います。

そのために、「テニスコーチでも月収100万円!?~あなただけのキャリアのつくり方~」という無料のメールマガジンを発行しています。

なぜこの場ではなくメールマガジンなのか。

それは僕のキャリア構築を順番に読んでもらいたいから、またメールというより近い距離感でみなさんと触れ合いたいからです。

内容としては、僕自身がどのように考えて今のキャリアを構築してきたのかという実体験をベースに「どのような考え方でキャリアを構築すべきなのか?」をお伝えします。

無料なので、登録して流し読すだけでも損はしません。

ぜひ、この機会に自分のキャリアと向き合い、あなたの価値を最大化してほしいのです。

あなたが輝くことでアスリートの社会的価値が高まる!

もし、あなたがセカンドキャリアでも生き生きと活躍することが出来れば、あなたの人生だけでなくその後に続くアスリートの人生もより良いものにすることが出来ます。

まだまだアスリートのセカンドキャリアには「負のイメージ」があります。

それを変えるためにもあなたの行動が必要なのです。

引退してからの長い人生を生かすも殺すもあなた次第なのです。

「慶應出たのにテニスコーチ!?~あなただけのキャリアのつくり方~」を読めば…

・僕がどのようにして今のキャリアを構築したのかがわかります。
・どうすればあなたらしいキャリアを構築できるのかがわかります。
・どのような考え方をすれば自分らしい働き方・生き方をできるのかがわかります。

「テニスコーチでも月収100万円」に登録する

完全無料です!お気軽にご登録ください。

 

「テニスコーチでも月収100万円!?~あなただけのキャリアのつくり方~」についてのよくある質問

Q.なぜこのメールマガジンは無料なんですか?
A.僕は「アスリートは引退後ももっと活躍できる」と思っています。でも、現実はそうなっていません。そのギャップを埋めるための一助になることが出来れば嬉しいと思い、無料でメールマガジンを発行しています。

Q.なぜわざわざメールで情報を公開するのですか?
A.WEB上に情報を出してしまうと僕が伝えたいことを伝えたい順に読んでもらうことが出来ません。メールであればそれが出来ます。また、みなさんとメールをやりとりしてより近い距離感で触れ合えると嬉しいです。

Q.このメールを読めばセカンドキャリアで成功できますか?
A.僕がどのような考え方でこれまでのキャリアを構築してきたのかを知ることは出来ますが、具体的な方法論については触れていません。なぜなら、いくら稼ぐかよりもキャリアについてどのような考え方をすべきかの方が土台として重要だからです。具体的な方法について知りたい方は、このメールマガジンを読み終えたうえで個別にご連絡ください。

その他、ご不明な点などありましたらinfoアットマークtenniscoach.bizまでご連絡下さい。