アスリートのセカンドキャリア問題解決には個の力が重要!?

近年、学校や各競技団体でアスリートのセカンドキャリア支援プログラムが導入されるようになりました。

しかし、根本的な問題解決には未だつながらず、引退後に燃え尽きてしまうスポーツ選手も少なくありません。

一般企業に就職出来たとしてもやりがいを見出せずに短期間で退職してしまう人もいるほどです。

今日は、そのようなアスリートのセカンドキャリア問題を解決する方法の1つとして「個の力」の活かし方について考えてみましょう。

引退後のセカンドキャリア問題を解決する個の力とは?

これからの時代、大きな企業や団体よりも個人が強くなります。

技術革新やインターネットの普及によって「資本力=クオリティの信用度」とはいかなくなってきています。

言い換えるなら、資本では劣る個人でも大きな企業より優れたことが出来る時代だということです。

特にプロスポーツ選手は引退後に「個の力」を活かすことで輝けるとぼくは考えています。

なぜなら、どんな業界であってもプロの世界に足を踏み入れることの出来る人は一握りしかいないからです。

例えば、15歳以上のサッカー競技者人口のうちプロサッカー選手になれるのは1/3000人しかいないと言われています。

人は1/10000の存在になることが出来れば問題なく生きていくことが出来るといわれています。

つまり、プロアスリートという経験を1つの軸として、何かもう1つ軸をかけ合わせれば確実に「個の力」で自分にしか出来ないやりがいのあるセカンドキャリアを生き抜くことが出来るのです。

人間的に優れたアスリートほど上には上がいることを知っているため、どうしても自分の価値を低く見積もりがちです。

プロアスリートとしての個人の価値を客観的に理解することが大切なのです。

まとめ

ぼくはプロアスリートでも何でもありません。だから、1つの軸で1/3000の存在になったこともありません。

それでも、テニスの指導者として1/100の存在になり経営者として1/100の存在になってかけ合わせれば、1/10000の存在になれるわけです。

すでにどれだけ価値のある「個の力」を持っているのか。

それを知ればセカンドキャリア問題の解決はそう難しいものではないのです。


筆者が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高80万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々1万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-2-8

    アスリートが抱えるセカンドキャリアへの精神的挫折とは?

    元陸上選手の為末大さんがツイートでアスリートのセカンドキャリアについて言及しているものを見つけました…
  2. 2017-3-15

    メジャーリーガーとプロ野球選手のセカンドキャリアの意識の違い

    アメリカの野球のプロリーグであるメジャーリーグベースボール(MLB)の選手と日本の野球のプロリーグで…
  3. 2017-2-9

    アスリートのセカンドキャリア支援制度の現状と問題点とは?

    近年、日本のプロスポーツの代名詞ともいえるプロ野球やJリーグでは現役選手に対して、引退後のセカンドキ…

これだけは読むべき!

  1. 元陸上選手の為末大さんがツイートでアスリートのセカンドキャリアについて言及しているものを見つけました…
ページ上部へ戻る