引退したプロスポーツ選手のセカンドキャリア問題の現状とは?

プロスポーツの世界を引退したもしくはクビになったアスリートは、その後の人生のために仕事を探します。

しかし、企業からすれば社会人としての能力が読めない30代を中途採用するくらいなら、大学を卒業したての20代を新卒採用して育てたいと思うのが普通でしょう。

その需要と供給の不一致が当サイトで取り上げている「セカンドキャリア問題」を生んでいるといわれています。

今日は、引退後のプロスポーツ選手が抱えるセカンドキャリア問題の現状を詳しくみていきましょう。

プロ引退後のアスリートのセカンドキャリアの現状とは?

プロの世界を退いたアスリートのその後の人生において、キャリアの形成はとても重要な課題とされています。

中には自分で会社を創業し経営者になったり、地域で少年野球や高校野球の指導者を務めたりと上手くキャリアを積み上げていく人もいます。

一方で、多くのアスリートが「競技者の人生」から「一般社会人の人生」へシフト出来ず、その後の人生を棒に振ってしまっているのも現実です。

最近は、アスリートのセカンドキャリア問題を社会問題と捉えて、競技団体や学校によっては現役時代にセカンドキャリア教育を行い、引退後はセカンドキャリア支援を行うように変化してきています。

もちろんこのようなセカンドキャリア構築についての啓発活動は一定の効果を生むと思います。

今まで自身のセカンドキャリアについて考えたことがなかった競技者に貴重な気づきを与えるでしょう。

また、仕組み次第では就職できないアスリートを減らすことも出来るでしょう。

しかし、どれだけ支援してもアスリートのセカンドキャリア問題が根本的に解決することはないと思います。

なぜなら、高確率でアスリートが就職出来るようになったとしても、その先に競技者人生を越えるような「生きがい」があるとは限らないからです。

セカンドキャリア問題の根底にある最も解決すべき課題は、定職に就けないことでも、お金が稼げないことでもないのです。

アスリートがその後の人生に「生きがい」を感じられるようにすることが一番重要なのです。

まとめ

ぼくはセカンドキャリア問題を解決するためには、「キャリア」という言葉に流されずにアスリートそれぞれが「生きがい」を見つけることが大切だと思っています。

「生きがい」のある人生の中の「キャリア」であることを忘れてはいけません。

これまでの人生でスポーツ以外なら何をやりたかったか。

それに素直に従えばいいのです。


管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高80万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々2万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これだけは読むべき!

ページ上部へ戻る